5αリダクターゼを抑制する成分ケトコナゾール

ケトコナゾールと5αリダクターゼの関係

私は、脂漏性皮膚炎が頭皮の後頭部、耳の裏にできたために有効成分ケトコナゾール配合のニゾラールクリームを使っております。

 

しかし、この成分であるケトコナゾールはクリームだけでなく、経口タイプやシャンプーなどにも含まれ、幅広い症状に利用されているそうです。

 

その中で1つ気になったのが、このケトコナゾール配合のシャンプーを使用することで、男性に多い抜け毛を抑制してくれるとのこと。

 

これはちょっと意外ですね、、、。

 

 

どうして抗真菌剤の一種であるケトコナゾールのシャンプーを使うことで、抜け毛の予防につながるのでしょうか?

 

実は、いろいろと調べて驚いたのが、頭皮の前頭部と後頭部に存在している5αリダクターゼという酵素に対して阻害する効果があるとのこと。

 

男性で薄毛に悩んでいる人なら5αリダクターゼという酵素の名前を聞いたことがあるかと思います。男性の抜け毛の約8〜9割の原因がAGA(男性型脱毛症)で、5αリダクターゼと男性ホルモンが結合することで、抜け毛量が増え、薄毛が関係してくるとのこと。

 

そのため、ケトコナゾールのシャンプーを毎日のように使うことで、5αリダクターゼの作用が治まるために、男性ホルモンとの結合が減少し、結果的にAGAの予防、改善につながるそうです。

 

 

現に、ケトコナゾールが配合しているシャンプーは脂漏性皮膚炎の改善に製造・販売を行っていたそうですが、今では抜け毛の予防のために利用する人のほうが多とのことです。