両足よりも片方の足に水虫が起こりやすい

水虫のパターン

これは水虫なのか?それとも蚊に噛まれたのか?それとも汗もなのか?自分では判断することができないために、どうしたら良いのかがわからなくなってしまう人も多いと思います。

 

水虫の特徴としては、片足の足だけが向けている時です。
足が痒くなると誰でも「水虫かな?」と思う人もいると思いますが、病気はたくさんあり、一概に水虫と似ている症状があります。両足に急に変化が見られた時にむしろ水虫ではないということもあります。

 

例えば、水虫と間違えやすいのが汗疹、異汗制湿疹などです。たいてい左右両方の足に症状が現れると言われ、水虫の場合は起こりにくいことがわかっています。

 

もちろん水虫は必ず片足だけに起こるわけではなく、両足でも起こりますが確率的には少ないです。
ただ、小水泡型の始めや角質増殖型の初期では片足歯科症状が出ないことが多く、片足の足だけに水虫が出て、その後10年以上たっても足に映らないという人もいます。

 

何よりも、わからない時は、皮膚科で診てもらうことが一番です。

 

ただめんどうなので、なんとか自分で判断したいという場合は、まずは毎日のようにお風呂に入り、清潔を保つことです。そして、風呂あがりにニゾラールクリームを塗ることです。

 

そうすれば、水虫の場合は改善ができると思います。症状がわからないために、そのままにしておくことで、どんどん進行してしまう恐れもあるために、放置せずにしっかりとしたケアをすることが重要になります。