皮脂を過剰にたまらないようにする

脂質量を過剰に増やすことが要因

昔と異なり、現代では女性はもちろんですが、若い男性までもが顔のTゾーンの皮脂にたいしてデリケートになっています。

 

ある程度は清潔を保つことは重要ですが、あまり考えすぎるのも逆効果が起こってしまうケースが有ります。

 

ただ、皮脂は多すぎても、少なすぎても行けないので、このバランスが凄く重要といわれています。皮脂は肌の表面に浮かんできて、汗と混じり合い、薄い膜を作ります。

 

そうすることで、お肌にテカリが現れ、キレイでなめらかな肌をアピールすることができる。逆に皮脂の量が少ないと、乾燥肌になりやすく、痒みなどが起こりやすくなります。

 

なおかつ、皮脂に含まれる成分であり脂肪酸は細菌の感染を防いだり、太陽から放出される紫外線の予防にもつながっています。

 

皮脂は悪いイメージがつよいのですが、過剰な量ではなければ、むしろ必要です。

 

この皮脂腺は体の全体にありますが、特に多いの頭皮、耳の裏、顔、胸、背なかです。

 

男性ホルモンや食事の変化などが影響し脂質量が増えてしまう。すると、脂肪の量が多いことで、菌が増殖することが原因といわれ脂漏性湿疹が起こってしまいます。

 

 

専用のクリームであるニゾラールクリームを使うことも大切ですが、その他、毎日のように皮脂分泌が過剰にたまらないように髪や頭皮を綺麗に洗うようにしましょう。