毎日のように清潔を保つこと

いつまでたっても痒みを感じている時、もしかしたら水虫かもしれない、、、そんな時は、すぐにでも使いたいのがニゾラールクリームです。気づいたらクリームを塗り、一ヶ月から二ヶ月ほど継続して使い続けることが重要になります。

 

症状の度合いによりますが、かゆみ自体は一週間そこらで収まると思いますが、水虫の原因である白癬菌は死滅しているわけではないために、一ヶ月は最低でもクリームを塗ることが重要になります。

 

足の裏の皮膚がカサカサして固くなっている人や爪が暑くなっったり、白や黄色に痒くなっている人がいると、たとえ痒みなど自覚症状がなくても水虫の可能性がありますので、普段から清潔のあることを心がけることが重要です。つまり、白癬菌は不潔なことをしていることで、発症してしまいます。特に、足の裏などには、湿度が高く、石鹸等で洗わないために起こりやすくなるために、毎日のように洗うことが大事です。

 

感染してから24時間以内にお湯か石鹸で洗い流せば増殖することはなく、ニゾラールクリームを使うこともありません。

 

ただ、洗い忘れを繰り返すことになると、水虫になってしまうために心がけなくてはいけません。特に落としを召した方ではその可能性は高いと言われます、気温の高い夏に発症率が高いために十分に注意しなくてはいけませんね。